Version 1.2.05 Released! リリース!

(1)ディレクティブによる音符名指定機能
MuseScoreなどの五線譜編集ソフト上で音符にディレクティブとして”.音符名”を付与しておくと、ShakuScoreにインポートした時にその名前を付けます。別名がある場合に便利です。音符名のリストはノートテーブルを参照ください。
(2)音符フォント追加、修正、形状修正
音符フォントを見直し、別名などを追加。形状の修正も多数行いました。
(3)甲乙付け処理の精度向上
ノート名の変更を行った場合など甲乙を付け直すようにしました。
(4)ハンドブック更新
最近の新機能などを追加しました。また、
ノートテーブルディレクティブテーブルなど追加しました。これらは、ShakuScoreのトップページのメニューからも容易にアクセスできるようにしました。

(1)Setting note names by directives.
If you put a directive(“.note_name”) on a note using a staff notation editor (such as MuseScore), ShakuScore uses these names for notes when importing the score file. It is very useful for setting alternate names of notes. Refer to Note Table.
(2)Note fonts are revised.
(3)Kan Otsu instructions are reset when note names are changed.
(4)Revised handbook
Descriptions for recent functions are added.
Note Table, Directive Table are prepared and accessible from ShakuScore top page.

Version 1.2.04 Released! リリース!

琴古譜を見やすくしました。
(1) 拍子記号、小節線の非表示にできます。
 スタイル設定ダイアログから[拍子記号と小節線を表示]のチェックを外すと非表示になります。
(2) 琴古譜の連桁(音価を示す線)の表示を本来の方法(音符の中心から音符の中心位置へ線を引く)に変更しました。
都山譜で、甲乙表示で乙表示が抜ける場合(リ→乙のロなど)を修正しました。

Kinko Style was improved. Beams are displayed in the same way as formal Kinko Style. Time signatures and measure bar lines can be set to non-displayed, as in traditional Kinko style.

Fixed omitted Otsu instruction on a Ro note moving from Otsu Ha note in Tozan style.